薄毛対策としてシャンプーで気をつけること

薄毛対策としてシャンプーで気をつけること

自分の場合は、頭頂部から来る薄毛だったので妻に言われて初めて薄くなっていることに気が付きました。

 

普段気をつけられるところから始めようと思い、頭皮をマッサージしたり、亜鉛のサプリメントを飲んだりしました。特に気をつけたのがシャンプーによる洗髪です。

 

まずシャンプーをつける前に、十分な水量で表面の汚れを落とします。埃などを洗い流したらシャンプーをつけますが、手でしっかり泡立ててから頭につけます。シャンプーの成分は直接頭皮に当たると刺激が強過ぎるからです。

 

泡立てたら頭皮を優しく、丁寧に洗います。ゴシゴシ力を入れ過ぎるのはデリケートな頭皮を傷めることに繋がるのでNGです。顔の皮膚の延長と考えてソフトに洗います。

 

シャンプーが済んだら洗い流します。頭皮にシャンプーの成分が残ると育毛の邪魔になります。
ヌルヌルがなくなってからも数秒シャワーをあてるくらいが丁度良いです。洗髪が終わったらタオルで優しく拭いて乾燥させます。ドライヤーの熱も頭皮には良くありませんが、頭に湿気が残るのは避けたいので上手に使います。

 

毎日やることなので積み重ねで将来が大きく変わります。

 

シャンプーに気を使うようになってから、薄毛の進行が止まり、少し増えたように感じます。少々値が張っても、育毛成分が多く配合されたものなどを使うとなお良いです。

 

ブラックシャンプーの体験レビューはこちら